詳細検索
  • 調理方法
  • 食材
    野菜
    穀物・乾物・米
    その他
焼き魚&茶わん蒸し

焼き魚&茶わん蒸し

23分

カロリー:304kcal

塩分:3.6g

材料:2人分

さばの塩焼きの場合

さば 2切れ(1切れ100g)
適量

茶わん蒸し

干ししいたけ(水でもどす) 1枚

A

干ししいたけのもどし汁 大さじ1
しょうゆ、砂糖 各大さじ1/2
ささ身 50g
酒、薄口しょうゆ 各少々
えび 2尾
かまぼこ 2切れ
ぎんなん(缶詰) 4粒

卵液

M1個
だし汁 1カップ
少々
薄口しょうゆ 小さじ1/2
みりん 小さじ1
アルミホイル

*4人分も自動でできます。

作り方

    ■しいたけを加熱する

  1. 1 干ししいたけは、半分に切って大きめの耐熱容器に[A]とともに入れ、ラップをせずに庫内中央に置く。(角皿は入れません) レンジ → 600W・約50秒 → スタート
  2. 2 水タンクに水を入れる。(水位を2に合わせる)
  3. 3 魚は皮に切り目を入れ、両面に塩をふって約30分おき、出てきた水気をふきとる。
  4. 4 角皿の中央に油をぬった調理網1枚をのせ、魚の表側を上にして並べ、上段に入れる。 (上段)
  5. 5 ささ身は筋を取ってそぎ切りにし、酒と薄口しょうゆをふっておく。えびは尾を残して殻をむき、背ワタを取る。
  6. 6 卵をよく溶きほぐしてだし汁でのばし、塩、薄口しょうゆ、みりんを加えて混ぜ、こす。
  7. 7 蒸し茶わんに具を入れ、卵液を8分目まで注ぎ、アルミホイルでフタをする。
  8. 8 もう1枚の角皿に7を中央に寄せて並べ、下段に入れる。 (下段) お料理選択 → ヘルシオおすすめ → セットメニュー →→ 焼き蒸し同時2段メニュー → 焼き魚&茶わん蒸し → 分量選択 → スタート
  9. 他にもこんなメニューが組み合わせ自由!

    焼き魚バリエーション

    ※液晶表示画面には調理網1枚が表示されますが、さんまやたいなど、大きな魚は調理網を2枚使います。

    《さわらの塩焼き》

    さばの代わりにさわらの切り身にする。

    あじの開き

    ※1~2人分のみです。

    《さけのムニエル》

    生ざけ2切(1切れ80g)は塩こしょうしてから、薄力粉大さじ1/2をまぶし、調理網に並べてから、バター小さじ1を等分にのせる。

    塩ざけ

    塩さば

    さんまの塩焼き

    ※下記「ふり塩の工夫」を参照して手順2まで行い、焼く前にもこのふり塩をします。

    ※スタート後30秒以内に「強め」を押します。

    ふり塩の工夫…塩の分量に対し、2割の砂糖を加えると素材のうまみが増し、焼き色もきれいにつきます。

    たいの姿焼き

    ※分量選択画面で「3~4人分」を選びます。

    *下段で「茶わん蒸し2人分」と「赤飯2人分」を組み合わせることもできます。

    茶わん蒸しバリエーション

    ※茶わん蒸しを《おこわ》、《カンタン煮物》、《蒸し野菜》に代えることもできます。

    茶わん蒸し(洋風)

    茶わん蒸し(チーズ風味)

    赤飯

    山菜おこわ

    里いもおこわ

    ※もち米は1~2人分では1カップ、3~4人分では2カップを調理網にはのせずに角皿にのせて、下段に入れる。

    《カンタン煮物(白菜とツナのしょうゆ煮)》

    白菜(ひと口大に切る:180g)と汁気をきったツナ(小1缶80g)、しょうゆ大さじ1を耐熱容器に入れ、下段にいれる。

    から揚げ&蒸し野菜&ゆで卵》 の蒸し野菜ができます。

    ※スタート後30秒以内に「弱め」を押します。

    ※上段で「さんまの塩焼き」を加熱するときはできません。

ヘルシオ レシピ TOPへ