詳細検索
  • 調理方法
  • 食材
    野菜
    穀物・乾物・米
    その他
ロールケーキ(抹茶)

ロールケーキ(抹茶)

19分

カロリー:約255kcal

塩分:約0.2g

材料:1本分

スポンジケーキ生地

薄力粉 80g
M5個
砂糖 100g
バニラエッセンス 少々
牛乳 大さじ2
抹茶 大さじ1

ホイップクリーム

生クリーム 200mL(mL=cc)
砂糖 大さじ2
バニラエッセンス、ブランデー 各少々
黄桃やキウイなどお好みのフルーツ 適量
クッキングシート

作り方

  1. 1 水タンクに水を入れる。(水位1以上) ■自動メニューの140ロールケーキで焼く場合は、適切なタイミングで過熱水蒸気が入るため、水タンクに水を入れます。手動で焼く場合は、水は使いません。
  2. 2 角皿の内側に薄くバター(分量外)をぬってクッキングシートを角皿のふちから2㎝高くなるように敷く。 ※クッキングシートは庫内壁面に接触しないようにしてください。
  3. 3 卵白は大きいボールに入れてツノが立つまで泡立て、砂糖の半量を少しずつ加えてさらに泡立てる。 ポイント…卵白、卵黄の泡立てがポイント。しっかり泡立ててください。
  4. 4 卵黄に残りの砂糖を入れて湯せんし、人肌にあたたまったら取り出し白っぽく、筋がつくくらい(マヨネーズ状)まで泡立てる。
  5. 5 予熱する。(付属品・食品は入れません) クックブックメニュー → 検索 → クックブックから探す → お菓子・ドライフード→ すべてのメニュー → ロールケーキ → スタート
  6. 6 卵黄と卵白を合わせ、泡立器でなめらかになるまで混ぜ合わせる。
  7. 7 6に薄力粉と抹茶を合わせて、ふるいながら加え、泡をこわさないようにサックリと粉けがなくなるまで底から生地を持ち上げるようにして混ぜ合わせる。その際は、ヘラを大きく動かしてサックリと混ぜ、粉けがなくなり、生地をヘラですくい上げるとリボン状にひらひらと落ち、折り重なってしばらく跡が残って消えるくらいを目安にする。バニラエッセンス、牛乳を加えて手早く混ぜ合わせる。 ※ロールケーキは、スポンジケーキと比べると、卵に対して薄力粉の割合が少ないため、粉合わせが足りないと、きめの粗いケーキになります。ただし、ぐるぐると練り合わせると粘りが出るので気をつけてください。
  8. 8 2の角皿に生地を流し入れて表面をならし、空気抜きをする。
  9. 9 予熱が完了すれば、8の下に角皿をもう1枚重ね、上段に入れる。 スタートを押す。 ポイント…角皿を2枚重ねることによって底に焼き色がつきにくく、巻いたときに白くきれいにできます。また、柔らかく仕上げることができます。 手動でするときは:オーブン・予熱あり1段の180℃で約19分
  10. 10 加熱後、角皿から取り出し、クッキングシートをつけたまま粗熱をとる。
  11. 11 ホイップクリームを作る。ボールにあらかじめ冷やしておいた生クリームと砂糖を入れ、氷水でボールごと冷やしながら泡立て、とろみがつけば、バニラエッセンスとブランデーを加えてさらに泡立てる。 ポイント…泡立てすぎてモロモロになってしまったら、残っている生クリームを少し加え、泡立器でゆっくり混ぜるとなめらかになります。
  12. 12 ホイップクリームに小さく切ったフルーツを混ぜる。
  13. 13 ケーキを裏返してクッキングシートをはがし、再度裏返してクッキングシートにのせ、表面にクリームをぬって巻く。 ※ケーキの外周の固さが気になるときは、固い箇所にぬれぶきんをあてておくと、巻きやすくなります。 ※巻き終わりになる方の生地の端を1㎝ぐらい斜めに切り落とすと巻き終わりの段差がなくなり、きれいに落ち着きます。
  14. 14 巻き終われば、クッキングシートで包み、さらにラップで包んで、巻き終わりを下にして冷蔵室で約30分おき、なじませる。 ※2本分を焼くときは、手動加熱のオーブン・予熱あり2段の180℃で予熱後、角皿を上段と下段に入れ、25~27分を目安に様子を見ながら焼いてください。焼きムラが気になる場合は、途中、残り時間が8~10分のときに角皿の棚位置や向きを変えてください。
ヘルシオ レシピ TOPへ